離婚をしたらビザはどうなる?

こんにちは。ぱんだ行政書士事務所です。

今日は在留資格「日本人の配偶者等」で滞在する外国人が離婚をしたらどうなるのか、ということについて書いていきます。

まず、簡単に在留資格について説明をすると、外国人が日本に来て活動をする際に必要な資格のことです。

在留資格は多くの種類があり、その中でも日本人と結婚をして夫婦ともに日本で生活をする場合は、在留資格「日本人の配偶者等」を申請します。

しかし、3組に1組は離婚をする言われている時代ですので、しばらく経って離婚するケースも決してめずらしくありません。「日本人の配偶者等」で在留する外国人が離婚をしてしまったら、もう日本にはいられなくなってしまうのでしょうか・・・?

離婚をした場合、「日本人の配偶者等」の在留資格を更新することはできません。(別の日本人と再婚する場合は除きます)

そのため、別の在留資格へと変更をしなければなりません。まず、考えられるのは、在留資格「定住者」への変更です。

「定住者」へ変更するためには、原則日本人の配偶者と婚姻後3年間同居をした事実が求められます。または、日本人配偶者との間に生まれた子供がおり、その親権をもっている場合は「定住者」への変更が認められます。

他にも、「定住者」の要件を満たせない場合は、就職したり大学や専門学校へ入学することによって在留資格「技術・人文知識・国際業務」や「留学」への変更も考えられます。

外国人が日本で活動をするためには必ず在留資格が必要です。離婚後も日本で滞在を続けるために、どの在留資格に変更をするべきなのか、慎重に検討をする必要があります。

離婚をしたにも関わらず、そのまま在留資格を変更せずに滞在を続けてしまうと、不法滞在になってしまいます。そうなる前に、専門家へ相談することをおすすめします。

当事務所では無料で相談も受けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね🐼

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です